迷惑メール送付:AKBなりすまし 詐欺でサイト運営会社の元社長ら4人起訴 /千葉

出会い系サイトの従業員がアイドルグループ「AKB48」のメンバーなどになりすまし、利用者からサイト利用料を詐取していた事件で、千葉地検は5日、出会い系サイト運営会社の元社長、相川祐介容疑者(33)ら4人を詐欺罪で千葉地裁に起訴した。

起訴状などによると、相川被告らは今年5~6月、20~50代の男女3人に対し、アイドルや異性などとメールのやりとりができるように装い、3人から計約268万円をだまし取ったとされる。捜査関係者によると、4人とも起訴内容を認めているという。
一方、相川容疑者らと共謀したとして、詐欺容疑で逮捕された「サクラ」の従業員4人について、地検は4日、処分保留で釈放した。【小林祥晃】

毎日新聞 12月6日(木)12時42分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード