「受け子」の少年かくまった疑い、振り込め主犯格?を逮捕

振り込め詐欺の「受け子」の少年をかくまったとして、警視庁少年事件課は21日、犯人蔵匿容疑で、東京都足立区新田、指定暴力団住吉会系関係者、斎藤浩章容疑者(32)を逮捕し、同容疑で住吉会系暴力団事務所を捜索した。同課によると、斎藤容疑者は容疑を否認し、「少年が振り込め詐欺をしているとは知らなかった」と供述している。

 同課は同3~8月、15件の振り込め詐欺で計約3800万円をだまし取ったとして、詐欺容疑などで少年5人を含む10人を逮捕。斎藤容疑者が数十人規模の振り込め詐欺グループを主導し、だまし取ったカネが暴力団の資金源になっていたとみている。

 逮捕容疑は昨年6~7月、詐欺未遂容疑で逮捕状が出ていたグループの少年(19)を北区のビジネスホテルなどに宿泊させてかくまったとしている。

産経新聞 1月21日(月)17時55分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード