「宝くじの当選番号を操作できる」と1500万円詐取される 栃木

 下野市の男性教諭(48)が25日、小山署に「数字選択式宝くじの情報会社に約1500万円をだましとられた」と届け出た。同署が詐欺事件として捜査している。同署の調べによると、昨年10月下旬ごろ、男性の携帯に数字選択式宝くじの情報会社社員を名乗る男から「当選番号を操作できる。特別会員になれば当選番号を教えるので、情報料を振り込んでください」と電話があった。

これを信じた男性は同年11月1日~12月11日に15回にわたり、指定された口座に計1521万円を振り込んだ。同年12月下旬ごろ、情報会社への電話が通じなくなり、インターネットサイトに詐欺会社と書かれていたことからだまされたと気づいた。

産経新聞 1月26日(土)7時55分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード