振り込め詐欺:今年初の被害 大和郡山で200万円 /奈良

 県警は24日、息子をかたった振り込め詐欺で、大和郡山市の無職男性(75)が200万円の被害に遭った、と発表した。振り込め詐欺被害は今年に入って初めて。

 県警によると、22日夜、男性の長男をかたる男の声で「へんとう腺が腫れている。携帯電話を変えたので新しい番号を教える」と電話があり、翌23日昼、「女性と不倫関係になり子供ができた。相手の夫にばれて、今日中に400万円の示談金が必要」と連絡があった。男性は、指示された口座に同市内の銀行窓口から200万円を振り込んだ後、長男に携帯メールを送ったことで発覚した。  県警は「『風邪を引いた』『電話番号が変わった』という電話は詐欺。子や孫を名乗る人から同様の電話がかかってきたら、元の番号にかけて確認して」と注意を呼びかけている。【村本聡】

毎日新聞 1月25日(金)15時59分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード