迷惑メール送付:出会い系詐欺 元社長ら4人再逮捕 組織的詐欺容疑、芸能人ら装う /千葉

 出会い系サイトの従業員がアイドルグループ「AKB48」メンバーなどになりすまし、サイト利用料を詐取していた事件で、県警サイバー犯罪対策課は10日、出会い系サイト運営会社「アグライアジャパン」(昨年6月解散)元社長、相川祐介被告(34)=詐欺罪で起訴=ら4人を組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で再逮捕、なりすましメールを送った「サクラ」の元従業員の5人も同容疑で逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、昨年5月22日~6月20日、同社が運営する出会い系サイト「らぶてろ」「グラデーション」に会員登録した利用者に対し、芸能人やホストなどになりすましてメールを送信。県内のアルバイト女性(46)ら40~70歳の男女4人から計約190万円を組織ぐるみでだまし取ったとしている。  同課によると、相川容疑者らは、女性に対してはアイドルグループ「V6」の岡田准一さんやホスト、美容整形外科医などになりすましてメールを交換。交際や結婚ができると信じ込ませていた。  メールを交換するたびに課金される仕組みだったが、会員登録したばかりの利用者には一定の回数だけ無料で利用できる「無料ポイント」を与え、ポイントを使い切ると、クレジットカードや電子マネーなどで利用料を支払わせていた。  同社による詐欺事件の被害総額は、全国で約2億1000万円、被害者は2166人に上るとみられる。【松崎真理】

毎日新聞 1月11日(金)12時11分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード