166億円のわな:振り込め詐欺の構図/上 巧妙化する「劇場型」手口 /神奈川

 ◇矢継ぎ早の電話、自分見失う 知識はあってもだまされる

 <上野警察署の者です。あなたの銀行口座が犯罪に使用されています>
 横浜市青葉区の女性(81)宅に「ヤマダカズオ」と名乗る男から電話があったのは、一昨年11月のある朝だった。「ヤマダ」は電話を切る際に、口止めも忘れなかった。
 <捜査中ですので誰にも言わないでください>
 その日の正午、再び電話が鳴った。
 <全国銀行協会のムラタです>
 先ほどとは別の男。自己紹介した後、よどみない口調で語りかけてきた。
 <犯罪を調査中で、あなたの口座を凍結します。使えなくなるので新しい口座を作ります>
 女性は口座がある複数の銀行名を全て伝えた。「ムラタ」は、そのうち一つを指定して要求した。
 <1000万円引き出してください>
 求めに応じ、女性は携帯電話の番号を「ムラタ」に伝えた。すると、携帯電話に何回も着信があった。
 <午後3時までに引き出さないと、間に合わない>
 <タクシー代は出すので、すぐ向かって>
 ついに女性は銀行に向かった。帰宅すると、また「ムラタ」から電話がかかった。
 <これからアオキという男がそちらに伺いますので、現金を渡してください>
 午後3時過ぎ、女性は玄関先に現れた20代の男に、現金1000万円を渡した。
  ×   ×
 「話の途中で言葉に詰まることもなく、実に巧みだった」。女性は電話をかけてきた2人の男について、記者にそう説明した。
 冷静に考えてみれば確かにおかしなところはあった。しかし、断続的にかかってくる電話に焦りが募り、自分を見失ってしまった。上野署に問い合わせてだまされたことに気付いた。携帯電話の着信履歴を確認すると、「ムラタ」の番号でびっしり埋まっていた。
 公的機関や金融機関を装った上、役割を分担して現金をだまし取る手口は「劇場型」とも呼ばれる。「男たちの話し声や現金を受け取りに来た男の顔は、今も忘れられない」。女性は自分を責めるように、つぶやいた。
 県警が09年、振り込め詐欺の被害者を対象にアンケートを実施したところ、8割が「振り込め詐欺について知っていた」と答えた。それなのに、だまされてしまう被害者は後を絶たない。
  ×   ×

 官民挙げての防止・啓発活動が行われている。それでも犯人は手を替え品を替え、現金を吸い上げる。04年の統計開始から昨年までに県警が認知した事件は9174件、被害額は計約166億円。どうしても無くならない振り込め詐欺被害の実情に迫りたい。

毎日新聞 1月29日(火)11時30分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード