不審電話:振り込め詐欺目的 奈良教育大OBの実家に /奈良

県警は8日、振り込め詐欺目的の不審電話が5~7日にかけて8件連続したと発表した。いずれも被害は出ていない。うち5件は奈良教育大の卒業生の実家にかかっており、名簿が悪用された可能性が高いという。

県警によると、息子を装うオレオレ詐欺は奈良市、大和郡山市各2件、生駒市、三宅町、下市町各1件。男の声で「風邪を引いた。電話番号が変わった」「女性を妊娠させた」との手口だった。橿原市の1件は還付金詐欺で、「市福祉課」職員を名乗り「医療費の還付金の書類は届いているか」という内容だった。

還付金詐欺被害は昨年4月に5件連続発生。年度末を控えて被害が増える可能性があり、県警は「犯人が言う電話番号にかけたら思うつぼ。必ず電話帳に掲載された市役所の担当課に電話で確認してほしい」と呼びかけている。【千脇康平】

毎日新聞 2月9日(土)15時34分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード