振り込め詐欺:四国中央の70代女性、1860万円被害 警察が注意呼びかけ /愛媛

 四国中央署は1日、四国中央市の70代の無職女性が1860万円の振り込め詐欺被害に遭ったと発表した。詐欺容疑で捜査し、注意を呼びかけている。

 同署によると、1月9日、男の声で「(男の)会社で買えない個人向け社債の購入に名義を貸してほしい。謝礼に商品券を渡す」との内容の電話が入った。女性が承諾すると翌日以降、社債発行の会社をかたる別の男の声で「(このままだと)インサイダー取引になる。社債500万円の購入で、(名義貸しは)なかったことにできる。警察にも届けない」「追い金が必要」などと次々に要求の電話がかかってきた。結局女性は21回にわたり指定口座に計1860万円を振り込んだ。【中村敦茂】

毎日新聞 2月3日(日)15時5分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード