未公開株と偽り500万円詐取 容疑の飲食店店員逮捕 広島・尾道署

優良の未公開株を後で買い取ると偽って、現金500万円を詐取したとして、広島県警尾道署は22日、詐欺の疑いで、東京都新宿区歌舞伎町、飲食店店員、武井勝彦容疑者(30)を逮捕した。武井容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、他の者と共謀して平成23年11月下旬、広島県三原市の無職の女性(71)宅に電話し「近日中に上場する優良会社の未公開株がある。買ってもらえれば、5倍の価格で買い取らせてもらう」などと偽り、同年12月20日、女性を同県尾道市御調町の駐車場に呼び出し、現金500万円をだまし取ったとしている。

女性宅には、事前に業務内容をでっち上げた輸入販売会社のパンフレットが送られていたという。

産経新聞 2月24日(日)7時55分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード