架空先物取引詐欺:容疑で男逮捕−−県警 /広島

 架空の先物取引話で100万円をだまし取ったとして、県警捜査2課などは25日、自称会社員の島崎貴幸容疑者(32)=埼玉県和光市=を詐欺容疑で逮捕した。容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は昨年11月20日、呉市内のファミリーレストランで、同市の会社員男性(28)に「先物取引に投資しませんか」「100万円に15%の利益を付けて12月20日までに渡せるようにします」などとうそを言い、同21日、100万円をだまし取ったとされる。
 同課によると、島崎容疑者は詐欺グループの受け取り役とだまし役という。海外穀物の先物取引名目で、香川や京都、滋賀など6府県で計約1700万円の被害が発生しており、関連を調べている。

毎日新聞 2月26日(火)14時33分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード