詐欺:架空会社投資で5000万円詐取容疑 千葉の会社員逮捕 /群馬

実体がない太陽光発電会社への投資を持ちかけ現金をだまし取ったとして群馬、宮城県警の合同捜査本部は22日、千葉県市川市宮久保1、会社員、大橋良平容疑者(23)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。

逮捕容疑は12年4月上旬、架空の太陽光発電会社「新日本エコロジー」の従業員を装い、利益配当権利証の購入費名目で、岐阜県内の女性会社役員(79)から現金5000万円をだまし取ったとしている。

群馬県警捜査2課によると、新日本エコロジーを名乗る被害は17道府県で25件あり、被害総額は3億4000万円に上るといい、県内でも被害が確認されている。【角田直哉】

毎日新聞 2月23日(土)12時28分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード