オレオレ詐欺:名古屋・中村区と豊橋市で相次ぐ 高齢者、計2800万円被害 /愛知

県警は8日、名古屋市中村区と豊橋市でオレオレ詐欺が相次ぎ、総額2800万円がだまし取られたと発表した。高齢の男女が被害に遭った。

中村区では70代の無職女性が、息子を名乗る男からの電話で現金1600万円をだまし取られた。
中村署によると2月25日から27日にかけて、女性の携帯電話に、息子を名乗る男から「風邪で病院に行ったら、4500万円分の小切手が入ったかばんを忘れた。お金を用意して近鉄八田駅まで持って来て。代理人が取りに行く」と複数の電話があった。女性が26、27日と2回に分けて現金計1600万円を持って行くと、25歳ぐらいの男が受け取ったという。

また豊橋市では80代の無職男性が、現金計1200万円をだまし取られた。
豊橋署によると男性の自宅に2月26日、男の声で電話があり、「今大阪に向かっている、翌朝電話で起こしてほしい」と携帯電話番号を教えられた。名古屋市に住む孫と思い込んだ男性が27日に電話すると「会社の金を流用し、1100万円要求された」などと言われ、同日と3月1、4日の3回に分けて現金計1200万円を宅配便で指定された住所に送った。その後、電話がつながらなくなり、だまされたことに気づいたという。【安達一正、岡大介】

毎日新聞 3月9日(土)11時33分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード