不審電話:鳥取西高、卒業生家庭に 名簿悪用詐欺か /鳥取

 鳥取西高の卒業生がいる家庭を狙った不審電話が先週以降、鳥取市内で数件相次いでおり、県警生活安全企画課は同窓会名簿などを悪用した振り込め詐欺として注意を呼びかけている。

 同課によると、1987年3月の卒業生がいる同市内の家庭の固定電話に、息子をかたる不審電話が3月20日から6件あった。同年の卒業生の親世代は現在、70歳前後になっている。  電話では、「風をひいて、喉が痛い」などと説明した上で、「仕事で使っている電話番号に掛けてほしい」などと携帯電話番号を告げ、電話を掛けるように要求するという。  21日には、不倫相手を妊娠させ、慰謝料が必要などとだまされた同市内の70代男性が、200万円を送金した。被害男性の息子も87年の卒業生だった。  同課の山本清昭・地域安全相談対策室長は「子どもが従来使っていた番号に電話をかけ、本人に確認を取ってほしい。警察にも相談を」と呼びかける。相談は警察総合相談電話(#9110)か、最寄りの警察署や交番へ。  昨年も、4月中旬ごろから県立高校の卒業生名簿などを悪用したとみられるオレオレ詐欺が発生し、総額500万円に上る被害が出た。

毎日新聞 3月28日(木)16時8分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード