架空請求詐欺:男性506万円被害 /宮崎

高鍋署は15日、児湯郡内の50代男性が、携帯電話の情報サイトに絡む架空請求詐欺に遭い、計506万円をだまし取られたと発表した。

同署によると、昨年6月11日、男性の携帯電話に、見知らぬアドレスで「無料期間に登録したモバイル情報サイトの退会処理がされていない」とメールが届いた。電話をかけると「裁判を起こされ、通帳が差し押さえられる前に(サイト運営者の)弁護士に送金すれば避けられる」などと言われ、指示通り、メール便で現金17万円を送金した。その後も「登録サイトがもう1件ある」などと言われ、7月中旬までに5回にわたって現金計489万円を郵送。相手と連絡が取れなくなって不審に思い、8月中旬に署に相談した。

同署は「怪しいと思ったら署に相談してほしい」と注意を呼びかけている。

毎日新聞 3月17日(日)14時59分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード