架空請求詐欺:男性750万円被害 県警注意呼び掛け /徳島

県警は12日、県西部の40代男性が2月から今月にかけ、株に絡む架空請求詐欺に遭い、約750万円をだまし取られたと発表した。同種の犯罪への注意を呼び掛けている。

 県警生活安全企画課によると、ある会社の未公開株を購入していた男性宅に、この会社の関係者をかたり「上場廃止で資金が株主に返還される」との電話があった。男性は返還手続きを取ろうとしたが、国税局や弁護士を名乗る男から「税金が未納で決算できない」などと現金を要求された。男性は十数回にわたり計750万円を指定された口座に振り込んだという。  同課は「もうけ話などの電話は安易に信じず、警察安全相談(#9110)や家族に相談してほしい」としている。

毎日新聞 3月13日(水)16時34分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード