詐欺:生活保護費詐取、容疑で組員ら2人逮捕--府警 /大阪

他人の病気を理由に生活保護費をだましとったとして、府警捜査4課は5日、指定暴力団山口組系組幹部、奥田誠二(39)=大阪市天王寺区=と無職、成田直毅(42)=同市生野区=の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。2人は容疑を認めている。

 容疑は成田容疑者が、2010年11月、同市生野区に奥田容疑者の診断書を付けて生活保護費を申請し、12年3月まで総額192万円をだまし取った。さらに、成田容疑者の生活保護法医療券を使い、奥田容疑者が50回分(計192万円)の治療を受けていた、としている。 奥田容疑者は09年4月に成田容疑者の国民健康保険証を使い、受診したとして詐欺罪で、成田容疑者は詐欺ほう助罪で起訴されている。

毎日新聞 3月6日(水)12時30分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード