還付金名目の電話が相次ぐ 鶴岡で5件相談

鶴岡市で18日、医療費還付金名目の振り込め詐欺前兆事案とみられる不審な電話が相次いだ。同市や鶴岡署には午前から夕方にかけ、計5件の相談が寄せられた。

 県警生活安全企画課によると、60代女性宅に午前10時半ごろ鶴岡市の職員を名乗る男から電話があった。男は「高額医療費の還付金がある。期限が切れているので、今から言う社会保険庁の番号に電話してください」などと話した。

 同課担当者は「電話による医療費の還付はあり得ない。詐欺なので信じないように」と呼び掛けている。

山形新聞 3月19日(火)10時20分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード