出会い系サイト退会料を架空請求、容疑で6人逮捕 大阪、200人被害か

出会い系サイトの退会料を架空請求し、現金をだまし取ったとして、大阪府警は25日、詐欺容疑で、大阪市淀川区のインターネット通信販売「イージー」社長、福田秀建容疑者(39)=同市北区同心=ら男女6人を逮捕したと発表した。

府警によると、他の5人はいずれも同社社員とアルバイト。関連会社が運営する出会い系サイト「PURIN」の名義で、サイトを利用したことのない全国の不特定多数の男女に、退会料の口座振り込みを促すメールを一斉送信していた。

関連会社の口座には昨年12月から今年4月にかけて、全国の約200人から約2千万円の入金があり、府警は被害実態の解明を急ぐ。

逮捕容疑は3~4月、同市内の事務所のパソコンから、埼玉県の男性の携帯電話に「退会を完了するには現在発生している料金に加えて退会費用が必要」とのメールを送信し、約10万円を詐取したとしている。

産経新聞 4月25日(木)12時27分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード