詐欺:「当選番号提供」325万円を詐取 大津の女性被害 /滋賀

大津北署は4日、大津市の無職女性(71)が、宝くじの当選番号を事前提供する代わりに金を振り込むよう指示され、約325万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として調べている。

同署によると、今年1月中旬、女性宅に男の声で「お米券とロト6の無料券が当選した」と電話があり、抽選日が近づくと、別の男から「妨害の電話がある。電話にでないように」と指示があった。

その後、警察官などを名乗る別の男から電話があり、妨害を受けていると思い込んだ女性は、当選番号の事前提供や妨害電話防止の名目で3月下旬までに8回に分け現金を振り込んだという。

県警は「すぐに現金を振り込まず、まずは警察に相談して」と呼びかけている。【田中将隆】

毎日新聞 4月5日(金)16時1分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード