オレオレ詐欺、3カ所に小包で2億円分を郵送 「受け子」ら逮捕

 息子になりすまして電話をかけるオレオレ詐欺の手口で、高齢女性に現金1500万円を大阪市内のビルに宅配便で郵送させたとして男が逮捕された事件で、この詐欺グループが2~4月、同市と大阪府枚方市のビル3カ所に計約2億円分の小包を送らせていたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。配送記録などから全国の60~80代の男女十数人が、だまされて郵送したとみられる。

 大阪、兵庫など3府県警の合同捜査本部は同日、別の高齢者に現金約2400万円を郵送させたとする詐欺容疑などで、住所不定の無職、中原真(まさ)大(ひろ)被告(41)=詐欺罪で起訴=を再逮捕。新たに大阪府枚方市村野南町の無職、藤村博文(34)と大阪市生野区巽東の韓国籍の無職、張誠根(33)の両容疑者を逮捕した。

 捜査本部によると、3人は現金回収役の「受け子」で、指定された配送日時にビルに立ち寄って小包を受け取っていた。ほかに電話をかける「かけ子」や犯行を主導した人物がいるとみて捜査している。

 中原、藤村の両容疑者の逮捕容疑は3月、宮城県の80代男性に「会社の金を使い込んだ」と嘘の電話をかけ、郵便局の「ゆうパック」で現金約2400万円を大阪市内のビルに郵送させるなどしたとしている。一方、張容疑者は4月、同様の手口で、島根県の70代女性から約4500万円を詐取したとしている。

産経新聞 5月22日(水)8時30分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード