警官など装い詐欺未遂 容疑の無職少年逮捕 静岡・焼津

 警察官などを装って電話をかけ、焼津市内に住む女性(67)から預金をだまし取ろうとしたとして、焼津署は23日、詐欺未遂の現行犯で、東京都江東区の無職少年(17)を逮捕した。少年は「カネを受け取ってこいといわれただけ」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、同日午前10時ごろから午後1時40分ごろまでの間、別の仲間と共謀して、数回にわたり警察官や銀行関係者を装って「あなたの預金が被害を受けている。リフォーム代と説明して全額おろしてください」などと女性宅に電話。少年が銀行関係者を装って女性宅にカネを受け取りに来たとされる。

 同署によると、焼津信用金庫大住支店の女性職員が、窓口で300万をおろそうとした女性に不審を感じ、110番通報していた。女性宅に同署員が張り込み、少年がカネを受け取りに来たところを現行犯逮捕したという。

 ■警官名乗る不審電話 県中部地区で相次ぐ

 県警生活安全企画課は23日、県中部地区で警察官を名乗り「あなたの口座が凍結されます」などと告げる不審電話36件が発生したと発表した。同課によると、午前8時40分ごろから午後1時ごろまで、藤枝市内で20件、焼津市内で16件の不審電話を認知したという。

産経新聞 5月24日(金)7時55分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード