還付金詐欺被害相次ぐ 西条と四国中央

 還付金名目の振り込め詐欺被害に遭ったとして愛媛県西条市の男性と四国中央市の男性、同市の女性の3人が7日、西条西署と四国中央署にそれぞれ被害届を出した。両署は詐欺容疑事件とみて捜査している。

 西条西署によると、7日午前10時ごろ、80代無職の男性方に西条市の保険課職員を名乗る男から「奥さんの保険の還付金が3万円余りある。日が差し迫っている」などと電話があった。男性がコンビニエンスストアから電話すると、保険庁の職員を名乗る男に現金自動預払機(ATM)の操作方法を指示され、午後0時半ごろ、指定口座に約99万円を振り込まされた。

 同署は管内コンビニ19店舗に、携帯電話で通話しながらATMを利用している客に注意喚起するよう依頼。「行政機関がATMで医療費を還付することはない」と注意を呼び掛けている。

愛媛新聞ONLINE 5月8日(水)11時39分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード