駿河区の女性246万円詐欺被害 静岡南署

 静岡市駿河区の無職女性(76)が13日、自宅を訪れた警察官をかたる男に現金246万円をだまし取られたと静岡南署に届け出た。同署は受け取り型の振り込め詐欺事件として調べている。

 同署によると、同日午前9時20分ごろ、警察官をかたる男から女性宅に「県警のナカダです。あなたの通帳が詐欺グループに使われている」と電話があった。その後も数回、「これから口座が凍結される。被害に遭わないように預けている金額は全て下ろして」「その後、お金を預かりに行きます」などと警察官や銀行の保証協会をかたる電話があり、女性は同区の郵便局の窓口で預金の全額を引き出した。午後1時ごろ、20~30代とみられる警察官を名乗る男2人が自宅を訪れ、女性は現金を手渡した。2人がそのまま立ち去る様子を不審に思い、女性は詐欺と気付いた。

 同区内では同日、他にも警察官などをかたる不審電話が12件発生していて、同署が注意を呼び掛けている。

@S[アットエス] 5月14日(火)8時16分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード