振り込め詐欺 男性260万円被害 藤枝

 藤枝市の無職の男性(75)が27日、架空請求で現金約260万円をだまし取られたと藤枝署に届け出た。同署は振り込め詐欺事件として調べている。  同署によると、男性宅に24日、男の声で「あなたの先物取引での損害を救済する手続きをする会社です」と電話があった。その後、男の上司、親会社、監督官庁を名乗る男からも連絡があり、手続き費用として現金を振り込むよう指示された。  男性は25、26日に3回にわたり市内の銀行のATM(現金自動預払機)から現金を振り込んだ。ATMの入力ミスによるエラー表示を銀行員に相談するうちに被害に気付いたという。

@S[アットエス] 6月28日(金)7時54分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード