買え買え詐欺:70代女性、1150万円被害 レターパックで現金郵送--下関 /山口

 小串署は10日、下関市内の70代の女性が金の投資名目で1150万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。女性は送られてきたレターパックに現金を入れてポストに投函(とうかん)していた。小串署は、全国的に被害が相次いでいる現金送付型の買え買え詐欺事件として捜査している。

 小串署によると、昨年9月、女性宅に架空の資源開発会社から金への投資を勧誘するパンレットが届き、後日、営業部長を名乗る男から「金利の良い1年満期の定期と思って下さい」などと電話があった。男は「山口県に住んでいる人に優先的に資料を送っています」と話したという。
 女性は男の話を信用し、9~10月、あらかじめ送り先の住所が書かれたレターパックに4回に分けて計1150万円を入れてポストに投函した。しかし、利息の振り込みがなく、相手方と連絡がとれなくなったため不審に思い、5月下旬に警察に相談して発覚した。【西嶋正法】

毎日新聞 6月11日(火)16時10分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード