東大教授を逮捕、研究費2180万円だまし取った疑い

 東京大学や岡山大学から研究費計2180万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は25日、東京大学政策ビジョン研究センター教授の秋山昌範(まさのり)容疑者(55)=東京都杉並区=を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。

 特捜部によると、秋山容疑者は知人の会社社長らと共謀し、2010年3月~11年9月、自身の研究事業に関して、社長の会社など6社に物品を発注したように装うなどして、東京大学から約1890万円をだまし取った疑いがある。また、10年2月には、同様の手口で岡山大学からも約290万円をだまし取った疑いがあるという。

朝日新聞デジタル 7月25日(木)16時58分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード