「ギャンブルの必勝法教えます」 新詐欺手口、2千万超被害も

 福井県内では今年、パチンコや競馬の必勝情報の提供を名目にした詐欺被害が初めて確認された。会員登録料や情報料として2千万円以上をだまし取られた。類似の勧誘を受けた県内の高齢女性は「突然、携帯に電話が掛かってきた。言葉は巧みで一時的にその気になった」と振り返った。

 女性に電話があったのは8月上旬。大手金融グループの社員を名乗る若い男の声で「3万円の商品券が当たりました。近いうちに送ります」との内容だった。続いて「ところで、ロト6を知ってますか」と切り出してきた。

 数字選択式宝くじのロト6について「当選番号は仕組まれている。1等は関係者だけが当たり、山分けしている」と説明。「あなたももうけてみませんか」と、「フリーメンバー」や「プラチナメンバー」と呼ばれる会員への加入話を持ち掛け、受諾金として数万円を要求してきた。

 男の電話は数日続き、メンバーの一人に芸能人の名前を挙げたり、何千万円も当たったときの使用目的を尋ねたり、言葉巧みに好奇心をあおった。男の柔らかい口調に、女性は「本当にもうかる」と信じ始め、メンバーになろうかと考えた。

 ただ、男は電話を掛けてくるたびに周囲に誰かいないかを確認。いた場合は電話をすぐに切ってかけ直してきた。「このことは誰にも口外しないで」と何度も念を押したという。不審に思った女性は最終的に断り、金を取られることはなかった。「もう電話にはでない。だまされる人が出ないことを願う」と語った。

福井新聞ONLINE 8月29日(木)7時58分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード