「永住権取得する」と嘘をつき300万円を詐取した中国人の男を逮捕

 平成19年4月に島田市内の知人女性から現金300万円をだまし取ったとして、島田署は5日、詐欺の疑いで中国籍、住所・職業とも不詳の李光容疑者(41)を逮捕した。李容疑者は「金が必要だった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成19年4月16日午後0時ごろ、島田市本通の当時、李容疑者が経営していた整体院で、同市に住む60代の知人女性に「永住権を取得するのでお金を貸してほしい」などと嘘をつき、現金300万円をだまし取ったとされる。

 女性は李容疑者と連絡が取れなくなったことから、平成19年5月に同署に被害届を出していた。5日午前0時半ごろ、大阪府の関西国際空港から入国しようとした李容疑者を、連絡を受けた同署員が駆けつけ逮捕した。

産経新聞 8月6日(火)10時44分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード