「限定商品」買ったら「違法な購入」 社債名目850万円被害

 奈良県警生活安全企画課などは12日、奈良県御所市の無職女性(60)が架空の社債購入話などで850万円をだまし取られる詐欺被害があったと発表した。

 同課によると、7月上旬ごろ、女性の自宅に架空のエネルギー開発会社の社債購入を勧誘するパンフレットが届いた。その後、架空の投資会社員を名乗る男から「社債は御所市居住者限定で販売されている。購入すれば1口3万円を上乗せして買い取る」と電話で言われ、8月1日、指示通りに市内のコンビニエンスストアから850万円を郵送した。

 さらに女性は、エネルギー開発会社員を名乗る男から電話で、社債購入が「名義貸しに当たり違法」などとして示談金2千万円を要求され、家族に相談。被害が発覚し、県警高田署に被害届を提出した。

産経新聞 8月13日(火)10時40分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード