なりすまし詐欺で300万円 いわきの女性被害

 いわき市小名浜の無職女性(74)が息子を名乗る男からの電話で現金300万円をだまし取られたことが22日分かった。いわき東署はなりすまし詐欺事件として捜査している。
 同署によると、5日午前、女性方に息子を名乗る男から「風邪をひいて声が変わった。株で失敗して金が必要だ。督促が来るので携帯電話の番号を変えた」などと、電話があった。女性は翌6日、同市の金融機関から指定された口座に現金を振り込んだ。20日になって、女性の息子本人が女性宅を訪れ、被害が発覚した。

福島民友新聞 8月23日(金)11時16分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード