オレオレ詐欺で600万円被害 村山地方の70代女性

 息子を名乗る男から、電話で女性をめぐるトラブルを解決するための資金援助を求められ、現金600万円をだまし取られたと、村山地方の70代女性が26日までに、県警に届け出た。

 県警捜査2課によると、今月20日ごろ、息子を名乗る男から「熱がある。携帯が壊れ、新しい電話番号になった」などと電話があった。翌日、同じ男が「不倫相手を妊娠させてしまい、慰謝料などとして200万円要求されている。母さん払ってもらえないか」と電話してきた。

 その翌日にも電話があり弁護士費用のほか、この女性のために借金をしたとして、さらに現金が必要と言われた。東京都内に住む40代の長男と声が似ていたため、女性は指定された北海道、近畿、九州の三つの口座に現金自動預払機(ATM)からそれぞれ200万円を振り込んだ。

 その後、知人からオレオレ詐欺ではないかと指摘され、長男とも連絡が取れたため、だまされたことに気付いた。

山形新聞 8月27日(火)7時21分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード