振り込め詐欺600万円被害 浜北区の女性

 浜松市浜北区の無職女性(78)が31日、息子を名乗る男に現金600万円をだまし取られたと浜北署に届けた。同署は振り込め詐欺事件とみて調べている。
 同署によると、女性の自宅に29日、息子をかたる男から「会社の金を1200万円使い込んだ。母さん、いくらなら都合がつく」と電話があった。息子と思いこんだ女性が「600万円なら都合がつく」と答えると、電話を代わった法律事務所職員を名乗る男から「明日の午前中までに『ゆうパック』で送ってほしい」と指示された。女性は30日午後、現金600万円を指定された東京都世田谷区の住所に郵送した。
 女性は31日、長男から電話を受けて被害に気付いた。

焼津では250万被害
 焼津市内の無職男性(81)が31日、孫やJR職員をかたる男から電話を受け、現金250万円をだまし取られたと焼津署に届けた。同署は振り込め詐欺事件とみて調べている。
 同署によると、同日午後1時ごろ、男性宅に「電車の中にかばんを忘れた。中に980万円分の小切手が入っていた」「上司が一部負担してくれたので足りない250万円を用意してほしい」などと相次いで電話があった。男性は同市内の駐車場で、受け取りに来た男に現金を渡したという。
 同署によると、受け取りに来た男は30代で、身長175センチくらいの中肉。短髪で白シャツに黒ズボン姿、黒いバッグを持っていたという。

@S[アットエス] 8月1日(木)8時37分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード