無銭飲食、2カ月食いつなぐ 大阪府警、容疑で男逮捕

 ■6月に失職「数十回繰り返した」

 居酒屋で飲食代を支払わなかったとして、大阪府警四條畷署が今月3日、詐欺容疑で住所不定、無職、田島一年容疑者(64)を逮捕していたことが17日、同署への取材で分かった。田島容疑者は6月上旬に勤めていた運送会社を解雇されて以降、無銭飲食で食いつなぎ、「これまでに数十回繰り返した。おなかがすいていた」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、今月2日深夜、大阪府大東市内の居酒屋でビールやホルモンを注文し、代金計約5700円を支払わなかったとしている。

 同署によると、田島容疑者は、居酒屋を訪れるたび、食事後に店員に声をかけられるまで何時間も居座って「金を持っていない」と告白。「代金はいいからもう来たらあかんで」などという店側の好意に甘え、犯行を繰り返していた。同じ店を訪れることは二度となかったという。

産経新聞 8月17日(土)15時8分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード