警察官名乗り、現金400万円だまし取る 京都・山科署管内でほかに7件の不審電話

 京都府警山科署は10日、京都市山科区に住む80代の女性が警察官を名乗る男からの電話で現金400万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として捜査している。

 同署によると、9日午後0時半ごろ、女性宅に警察官を名乗る男と銀行協会に所属するという男から相次いで「銀行口座から金が引き出される事件があり預金をすべて解約してください」と電話があった。

 女性は定期預金400万円を解約。さらに数時間後同じ2人から「今から女性にお金を取りに行かせます」と電話があり、同日午後3時40分ごろには実際に女性宅に30代の女が訪れたため、女性はこの女に現金400万円を手渡したという。

 同署管内では、9日に高齢者宅に警察官を名乗る男からの不審な電話がほかに7件発生しており、関連を調べている。

産経新聞 8月10日(土)11時23分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード