<投資詐欺>容疑で韓国人を逮捕 大阪府警

 架空の海外ファンドへの投資話などで現金約6600万円をだまし取ったとして、大阪府警淀川署は15日、韓国籍の無職、廉光春容疑者(64)=大阪市淀川区西宮原3=を詐欺容疑で逮捕、送検したと発表した。廉容疑者は、大阪府吹田市内のダンス教室で知り合った女性が資産運用に興味があることを知り、投資話をでっち上げていた。

 同署によると、廉容疑者は2006年6月~08年4月、京都市内に住む無職の60代女性に「金持ちしか投資できない米国のファンドがあり、毎月約90万円の配当を受けられる」などとうそをつき、計約6600万円を詐取した、とされる。約束通りの配当が支払われないことを不審に思った女性が昨年8月、同署に告訴していた。

 廉容疑者は05年に女性とダンス教室で知り合い、一緒に食事に行った時の会話などから、女性が資産家だということを知った。「だまし取った現金は競馬に使った」と容疑を認めているという。【高橋隆輔】

毎日新聞 8月16日(金)11時41分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード