振り込め詐欺「受け子役」で中3少女男装

 振り込め詐欺で現金の受け子役と見張り役をしていたとして、警視庁は20日、東京・足立区の中学3年生の15歳と高校1年生の16歳の少女2人を詐欺の疑いで逮捕した。

 多摩中央署によると、事件は8月26日。西東京市に住む76歳女性に、まず男性とみられる別の共犯者が息子を装って「病院で会社の通帳が入ったカバンをなくした」などとウソ電話をかけた。その後、15歳の少女が胸にサラシ、髪をオールバック、黒っぽいスーツにネクタイ姿で男装して同市の被害者宅を訪れ、現金400万円を受け取った。16歳の少女はその見張り役だった。

 15歳の少女は、29日に同様の振り込め詐欺事件を起こして逮捕され、30日に処分保留で釈放されており、今回は再逮捕。29日の事件でも同じ格好で男装しており、電話の内容や手口もほぼ同じだった。当時の少女の供述から今回の事件が発覚した。同署は2人に指示した人物が複数いるとみて調べている。

スポーツ報知 9月21日(土)7時5分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード