2女性1100万被害、ダイヤ購入名目詐欺相次ぐ 県内

 ダイヤモンド購入名目で現金計1100万円をだまし取られたとして、愛媛県中予の70歳代と80歳代の女性2人が13日までに、県警に被害届を提出した。県警は詐欺容疑事件とみて捜査している。

 県警生活安全企画課によると、8月中旬、2人の自宅にダイヤ販売会社から購入を勧誘するパンフレットが届いた。数日後、別業者を名乗る男から「購入できるのはパンフレットが届いた人だけ。(自社も)費用を一部負担するので買ってほしい。ダイヤは購入資金の2倍で買い取る」などと電話があった。

 承諾した2人は、指定された東京都中央区の住所に宅配便で500万円と600万円を送金し、ダイヤが送られてきた。業者と連絡が取れなくなったのを不審に思った1人が質店で確認すると、ダイヤは無価値だった。

愛媛新聞ONLINE 9月14日(土)8時42分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード