「なりすまし詐欺」で相馬の女性が20万円被害

 27日午前、「携帯電話サイトの利用料金に絡んだ和解手続きを名目に20万円をだまし取られた」と相馬市の女性(46)から相馬署に届け出があった。同署は「なりすまし詐欺」事件として捜査している。  同署によると、9月26日、女性の携帯電話に有料サイト調査と和解手続き代行を名乗る会社から「運営会社からの依頼で、あなたの利用料金が未納となっている。法的な手続きをしたので手数料98万円を払ってほしい」とのメールが送られてきた。女性が会社に電話したところ、社員を名乗る男が「裁判になれば負ける。和解手続きをするので20万円を送ってほしい」と話した。  女性は男の指定した関東圏の住所に現金20万円を送金した。  その後、男から「和解の手続きを取り、利用料金を差し引いた金額は口座振り込みで返金する」と言われたが、現金は振り込まれず、男とも連絡が取れなくなったという。

福島民友新聞 10月28日(月)12時18分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード