なりすまし詐欺で福島の70代女性が450万円被害

福島市の70代の無職女性が、おいを名乗る男の電話を受け、現金450万円をだまし取られたことが15日、分かった。福島北署は「なりすまし詐欺」事件とみて捜査している。
 同署によると、1日午後、女性宅においを名乗る男から「浄水器の販売をしていて、売上金が入ったバッグを新幹線に置き忘れた。今日の午後6時までに800万円を納めなければならない。おばちゃんしか頼る人がいない。400万円以上用意してほしい」などと電話があり、その後、「知り合いに取りに行かせる」などと電話があった。男の話を信じた女性は同日午後5時30分ごろ、自宅を訪れた同僚を名乗る男に現金450万円を手渡した。翌日、女性がおいに連絡したところ、電話をかけていなかったことが分かり、だまされたことに気付いたという。15日に同署へ届け出た。

昭和では80代女性が280万円被害
 昭和村の80代の無職女性が警察官を名乗る男の電話を受け、現金280万円をだまし取られたことが15日、分かった。会津坂下署は「なりすまし詐欺」事件とみて捜査している。

白河で不審な電話
 白河市の60代女性宅に「白河署生活安全課のヒラヤマ」を名乗る男から不審な電話があったことが15日までに、分かった。白河署は「なりすまし詐欺」につながる恐れもあるとみて調べている。

福島民友新聞 10月16日(水)11時59分配信 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード