<振り込め詐欺>海外からの送金依頼に注意

 他人の電子メールのアドレス帳をハッキングで入手し、その知人らに海外で強盗被害に遭ったように装って国際送金を依頼するメールを送り、金をだまし取ろうとするケースが相次いでいる。今のところ被害は確認されていないが、外務省は「悪質な国際振り込め詐欺だ」として注意を呼びかけている。

 同省によると、メールは英文で「海外で強盗に遭い、現金やクレジットカード、携帯電話を奪われた」と送金を依頼。返信すると、特定の国際送金サービス会社を介し、10万円前後を送るよう指示してくる。本人に確認させないよう「携帯電話が盗まれた」との記載があるのが特徴で、日本政府関係者の名前を名乗るケースもあった。

 同省には月1~10件程度の相談があり、日本語のメールも出始めている。同省は「まず当人に電話をかけて確認することが第一。送信元のメールアドレスが同一かもチェックしてほしい」と話している。【吉永康朗】

毎日新聞 10月8日(火)0時38分配信 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード