ホームレスの名義使い住宅ローン詐取の疑いで男を逮捕

 ホームレスの男性の名義を使ってみずほ銀行に住宅ローンの融資を申し込み、およそ2500万円をだましとったとして、ネイルサロン経営会社の社長が警視庁に逮捕されました。

 詐欺などの疑いで逮捕されたのは、東京・大田区に住む、ネイルサロン経営会社の社長、佐藤久明容疑者(59)です。警視庁によりますと佐藤容疑者は2006年、ホームレスの男性(58)の名義を使ってみずほ銀行に住宅ローンを申し込み、融資金およそ2500万円をだましとった疑いがもたれています。佐藤容疑者は、数十人のホームレスに声をかけ、実体のない会社に雇ったことにして保険証や所得の証明書類などを偽造していたということです。

 他にも不動産会社社長の男(57)ら2人が同じ容疑で、すでに逮捕されていて、警視庁は、3人が同様の手口で複数の銀行からおよそ15億円をだましとっていたとみて調べています。

TBS系(JNN) 11月22日(金)0時17分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード