<詐欺>弁護士から現金詐取、72歳男逮捕 広島県警

 実在しない国の融資制度をかたり、広島市の弁護士の男性(87)から巨額の現金をだまし取ったとして、広島県警捜査2課などは7日、大阪市淀川区東三国2、無職、間崎通郎容疑者(72)を詐欺容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は2007年1月、男性に架空の中小企業向け融資制度を持ちかけ、「内閣府から100億円以上の融資を受けるには多額の経費が必要。後で倍にして返すので、援助してほしい」などとうそをつき、300万円をだまし取ったとされる。間崎容疑者は「借りただけで返すつもりだった」と容疑を否認しているという。

 同課によると、男性は間崎容疑者と知人を介して知り合った直後の01年3月から11年6月までの間、431回にわたって計3億6000万円を渡しており、時効分を除いても総額2億円以上がだまし取られたとみて調べる。

 間崎容疑者は建築会社社長を名乗るも、昨年から会社は経営実体がなく、受け取った現金は「会社の運営資金や遊興費に使った」と供述しているという。【黄在龍】

毎日新聞 11月7日(木)20時44分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード