自宅で1800万円盗難 警察官名乗る男、電話で指示

 5日午後3時30分ごろ、白河市の80代男性が自宅を訪れた男に現金1800万円を奪われた。白河署によると、男性は警察官を名乗る男から電話で預金を下ろすよう指示され、銀行から引き出していたという。同署は「なりすまし詐欺」がきっかけになった窃盗事件として捜査を進めている。  同署によると、同日午前、男性方に警察官を名乗る男から「銀行で問題が起きているので預金を下ろした方がいい」「今、警察官をそちらに向けたので顔を出してほしい」と不審な電話があった。話を信じた男性が銀行から引き出した現金1800万円を袋に入れて用意した。同日午後、自宅を訪れた20代とみられる男が、男性の隙を見て現金が入った袋を奪ったという。

福島民友新聞 12月6日(金)11時36分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード