「スーツ着れば疑われず」社債購入詐欺の17歳

 高齢者に架空会社の社債購入を持ちかけて計800万円をだまし取ったとして、奈良県警は7日、横浜市南区に住む通信制高校の男子生徒(17)を詐欺容疑で逮捕した。

 生徒は「友人から『いい話がある』と聞いて昨年6月頃から始めた。詐欺組織の男から携帯電話で指示を受け、これまで10回くらい同じことをした」と供述。県警は指南役の男がいたとみて調べている。

 発表によると、生徒は男と共謀し、男が昨年5月中旬、証券会社社員を装って同県宇陀市の無職男性(77)方に「日本クリーン産業という会社が社債を発行する。100万円の社債1枚につき300万円で買い取る」と電話。購入を申し込ませた上、同6月に生徒が社員を装って2度にわたり男性方を訪ね、計800万円をだまし取った疑い。

 県警によると、生徒は現金の受け取り役で「1回につき5、6万円をもらう約束だった。スーツを着ていくと疑われなかった」と供述しているという。

読売新聞 1月7日(火)19時49分配信 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード