おい装い「小切手なくした」 1千万円振り込め詐欺被害

 東京都港区の無職女性(79)がおいを装った男らに現金1千万円をだまし取られる被害に遭っていたことが3日、警視庁麻布署への取材で分かった。同署が振り込め詐欺事件として捜査している。

 同署によると、女性方に1月31日、おいを名乗る男から「コンビニエンスストアで小切手が入ったかばんを忘れた。会議で現金が必要だ」などと嘘の電話があり、女性は自宅を訪れたおいの上司の息子を装った男に現金1千万円を手渡したという。

 女性がおいと連絡を取り、嘘だと分かったことから110番通報した。

産経新聞 2月3日(月)15時43分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード