レターパック悪用急増=警察庁「現金送付、全て詐欺」―振り込め詐欺

 特殊詐欺の犯行グループが、だまし取った金をレターパックや宅配便で受け取る事件が増えている。2013年は1871件あり、前年の2.3倍に急増。警察庁は「レターパックなどでの現金送付は全て詐欺」と注意を呼び掛けている。

 受け取り手段は口座振り込みが主流だったが、利用限度額の引き下げや開設時審査の厳格化などで減少し、代わりに手渡しが増えた。11年からは私設私書箱にレターパックなどで送るよう求める手口も、地方を中心に目立ち始めた。

 郵便で現金を送る場合は法律上、現金書留を使わなければならず、宅配便も約款で受け付けていない。警察庁は「まともな商取引なら記録に残らない現金の授受をしない」と指摘し、詐欺と断定している。

時事通信 2月6日(木)10時18分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード