有料サイト和解金名目で相馬の男性16万円被害

 相馬市の無職男性(33)が有料サイトの契約解除和解手続きを名目に16万円をだまし取られたことが29日、分かった。相馬署が詐欺事件として調べている。
 相馬署によると、男性の携帯電話に28日、有料サイト調査と和解手続き代行を行うという会社から「無料期間内に仮登録し、退会手続きが完了していない。退会手続きや和解、相談などを希望する場合は電話で問い合わせてほしい」とのメールが送られてきた。
 信用した男性が電話連絡すると、社員を名乗る男から「料金が発生している。和解が必要なので和解金を支払ってほしい。支払わないと裁判になる」と言われた。男性は指定された関東圏の住所に、ゆうパックで16万円を送金した。同じ会社を名乗る男から29日、さらに和解料金を請求する電話があり、不審に思った男性が同署に届け出た。

福島民友新聞 3月30日(日)11時12分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード