競馬投資名目200万円詐欺被害 富士の男性

 富士署は18日、富士市の事務代行業の男性(71)が競馬に投資する名目で現金約200万円をだまし取られたと発表した。同署は詐欺事件として調べている。  同署によると、男性の携帯電話に1月初旬、架空の競馬情報会社の社員を名乗る男から「競馬レースに投資するシステムに参加しないか。手数料を振り込んでもらえれば配当を振り込む」などと電話があった。内容を信じた男性は1月初旬~2月下旬に計5回、口座振り込みとレターパックで、指定通りに現金を送った。配当が振り込まれないため、同署に相談したという。

@S[アットエス] by 静岡新聞 3月19日(水)7時58分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード