義理の息子装う手渡し詐欺 73歳女性、100万円被害/戸田

 1日午後5時5分ごろ、戸田市内の無職女性(73)から、「現金100万円をだまし取られた」と110番があった。

 蕨署によると、2月28日午後7時ごろから、女性方に川口市内に住む会社員で30代の義理の息子を装う男から電話が数回あり、「会社のバッグをなくした。500万円の小切手が入っていて、上司が400万円を準備するので100万円を貸してもらえないか」などと要求。信じた女性は同日午後9時ごろ、自宅にあった現金と市内のコンビニエンスストアの現金自動預払機(ATM)で引き出した計100万円をJR戸田駅西口で会社の人間を名乗る男に手渡した。1日、義理の息子が女性方を訪問し、女性が男に現金を渡したことを話し、だまされたことに気付いた。

 現金を受け取りに現れた男は、年齢が20代前半ぐらいで、身長約165センチのやせ形。上下とも紺色っぽい服装、頭髪は黒色で短め、顔にはにきびが目立っていたという。

埼玉新聞 3月2日(日)23時28分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード