2900万円だまし取られる 社債購入を持ち掛けられ

 和歌山県の田辺署は28日、上富田町に住む80代の男性が、社債購入を持ち掛けられて、約2900万円をだまし取られたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 同署の調べによると、この男性の自宅にことし2月ごろ、会社名を「ニッシン食品」と名乗る男から「社債を買いませんか。元金は保証します」と電話がかかってきた。男性は社債を買うことを決め、今月19日ごろまでに計7回、レターパックに現金を入れて指示された東京都内の住所に送った。

 同署は「レターパックや宅配便で現金を送れという話はすべて詐欺」と注意を呼び掛けている。不審な電話があれば、同署(0739・23・0110)か、警察相談窓口電話(♯9110)へ。

紀伊民報 3月28日(金)16時49分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード